ドラマー今井義頼の日記

今井義頼の日々の活動報告、写真などをアップしていきます~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レコーディングな日。

ご無沙汰しております、僕です。

今日は、先日急に決まった、CM曲のレコーディングでした。

今日はロック系の曲がメインだったので、YAMAHAオークカスタムを使用。
タイコの数を減らし、割とシンプルなセッティングで臨みました。

毎年夏休みに制作される、劇場版ポケモン。その時期に同時に毎回作られるポケモンのゲームのCM曲を録音してきたのでした。

、、、などとしれっと書いていますが、何を隠そう、僕はこんなにちゃんとしたCMのお仕事など全く初めての経験で、お仕事のお話を頂いたその日からずっと緊張しっぱなし。当日に至っては緊張のピーク、ガチガチのあまり、やよい軒で定食のご飯を二杯も食べてしまうほどでした(関係ないかw)

でも、下準備をしっかりして行った甲斐あって、本番はそこまで焦らずに、何とか時間内にちゃんと取り終えました。今日はドラムだけでなく、マーチスネア、小物パーカッションなどいろいろ録りました。

あー怖かった。。。でも楽しかったし、何より、本当に勉強になりました。
今日の音は、夏休みに公開される「劇場版ポケットモンスター」の本編前のゲームCMで聞くことができます。
あと、テレビでもオーケストラ版(僕がスネア叩いてるやつ)は流れるそうです。何か嬉しー♪

現場で刺激を受けてしまい、帰ってから練習スタジオを予約し、夜練習に行って参りました。

練習しながら僕は思いました。「やっぱ俺はドラムが好きなんだなぁ。」
スポンサーサイト
  1. 2012/05/21(月) 02:00:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

ここ最近


幾つか素晴らしいライヴを見せていただきました。
非常に行きたいと思っていたライブで、大変勉強させていただきました。

5/2
TOSHIMI SESSION@高田馬場音楽室DX

この日のメンバーは、
永井敏己さん(B)
米川英之さん(Gt)
長谷川浩二さん(Ds)


長谷川さんとはこの日初対面。
以前、長谷川さんがドラムマガジンコンテストで審査員をされていた時、僕それに参加してたんですww
ソロが半端なくカッコよかったです。
アンサンブルも素晴らしくて、見習わせていただくところが沢山ありました。

米川さんはいつものように大爆音w
何でこういつもカッコ良いんですかね。。。


永井さんは、実はお会いしてやらせていただくようになってから、客席で演奏を見せていただくのが初めて。
いつもクールと思っていたのですが、
熱いエネルギーが瞬間瞬間に見えて、ものすごく魅力的でした。
膝の動きがカッコいいですよね。

爆音だけど大人な演奏、堪能させていただきました!



HYbrid@横浜HeyJoe2Days
一日目

メンバーは米川英之さん(Gt)、高橋亜土さん(Key)、石川俊介さん(B)、坂東慧さん(Ds)

何といってもこの日まず嬉しかったのが、約2年ぶりに坂東さんと再会させていただけたこと。
プレイも流石に素晴らしかったし、イケメン具合がさらに磨きがかかっていました。惚れてまうやろー。うそ(うそかい!)

そして、2Days2日目ドラムの渡辺シンくんも会場に。
そして、、、



ドラマー三人のスリーショット!!
滅多に撮れない写真です。
左から渡辺シンくん、坂東慧先生、我輩。

ライヴを堪能させて頂いた上に、打ち上げまで参加させていただきました。


坂東さんとの2ショット。だいぶ二人ともラリってますw


この日の打ち上げ参加者と。
後ろにHeyJoe星さんと石川さんの姿。
米川さんちょうど席を外してました。残念(>_<)

いやいや、二軒目も行ったのですが、星さんと米川さんは入店以降覚えていらっしゃらないそうですww先輩方に目の前で思いっきり酔っていただけるのは、何だか嬉しいものですね(笑)

石川さんは、酔いながらも足取りがしっかりしていました。流石、ブレませんっw

こうして5/5は、3rdステージ(←笑)も大盛況で終了w9

HYbrid@横浜HeyJoe2Days
2日目

で、何とその日HeyJoeさんに忘れ物をしてしまい、今日の予定も早めに終わったこともあり、2日目のライヴもお邪魔してしまいました。

今日のメンバーは昨日からドラマー交代で渡辺シンくん。

まだ18歳だってのに、バツグンに上手いんですこの子。
初めてシンくんを見たのはyoutubeで。
あまりの超絶さに、口をぽかーーーんと開けているしかなかったことをよく覚えてます。しかも当時16歳。。。

その頃よりも今確実に上達していると思いました。
もちろん経験という意味で、これからって部分もたくさん見えましたが、気がつくと完全に心を奪われてしまっている瞬間も多く、本当に素晴らしいプレイでした。
僕が18歳の時より確実に上手くてしっかりしていることだけは確かだと思いますww
俺、18の時何してたっけwww
僕的に今後超要チェックな新世代ドラマーです。渡辺シンくんです!!!

あ、写真ないwもう一回さっきの写真を、、、



ライヴ後に皆さんのお片付けをお手伝いさせていただき帰って参りましたとさ。あ、忘れ物は今度はありませんw

今回の三本のライヴ、全て米川さんのご厚意で見せていただきました。
米川さん、本当にありがとうございましたm(_ _)m
このお返しは、演奏でしたいと思います!!!

なんて、今後ハードル上げてみたり。
僕も頑張らなきゃ。
明日からしばらく作業と修行の日々です。

  1. 2012/05/07(月) 03:46:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

早稲田グリークラブ@五反田ゆうぽうとホール

先日4日は、早稲田大学の男性合唱サークル「グリークラブ」のサポートで演奏して参りました。


セッティングを場ミリ中


ホールはこんな感じ。満席に埋まると壮観でした◎


六大学合唱連盟定期演奏会という名のコンサート。その名の通り、いろんな大学が参加するわけですが、どの大学もピアノ伴奏すらないアカペラが基本の様子。
ピアノだけに飽き足らずベース、ドラムまで加え、JーPOPを歌って踊る早稲田は、その中でもピアノ明らかに異色の存在でしたww

曲は
ChooChooTrain(EXILE)
ポリリズム(Perfume)
ギリギリChop(Bz)
君がいるだけで(米米CLUB)
待つわ(あみん)
ジャニーズ
AKB
ヤングマン
他、、、

と、男性合唱サークルにしてはなかなかパンチの効いた曲たちw


セッティング完了。よっこいしょ。

今回は完全に生の歌声と生音の伴奏。
ホールの鳴り方含め、サウンドコントロールの責任が全部自分にあるため(PAがなかったので)いろいろと難しかったですが、非常に良い勉強になった部分が沢山ありました。



上から学生指揮者の久島くん
左が鍵盤の中本文さん
右にお馴染み(?)ベース森田悠介くん
下拙者。

部員の方々に「先生」と呼ばれ、休憩中に毎回おしぼりを用意してくださるような待遇でしたが、演奏の時は全員が一体となって作り上げるパフォーマンス。しかも歌だけでなく、ダンス、衣装、演出まで凝りまくったステージに、こちらも準備から気合入りまくりで、本当に楽しいプロジェクトでした◎
何といっても学生の皆さんのポジティブかつアクティブな青春エネルギーには本当に元気をもらい、アツくなりました!!

なかなか出来ない貴重な経験でしたが、またこのような機会が与えられたらなと心から思います。
  1. 2012/05/07(月) 03:11:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ササキオサムバンド ライヴ~アコースティック@京都ラグ

4/28は吉祥寺プラネットKにて、exムーンチャイルドのササキオサムさんのサポートライヴでした。

当日の写真がないのでリハの写真をw

渋谷さん、はいチーズ。
あ、俺も写ってるw


おっしゃー集合写真撮るで~、なササキさんw

ライヴ、非常に盛り上がりました♪
今回は対バンライヴだったので演奏時間は一時間と少し短めでしたが、演奏も会を重ねるごとに良くなっていくし、お客さまも非常に盛り上がっていて、楽しいライヴとなりました◎

ササキオサムバンドのライヴは、次回が7/14、同じプラネットKです。


さてそして、その夜からそのまま車を走らせ、京都に向かいましたw

29日は、京都ラグにて、須藤満さんと河野啓三さんの双頭ライヴで「アコースティックっぽい」という名前のついたライヴでした。

メンバーは宮崎隆睦さん(Sax,Fl)、河野啓三さん(Key)、須藤満さん(B)、わちし。


じゃん!その日のセット。
この日はいつも使ってるオークカスタムではなく、僕の持ってるバーチカスタムアブソリュートにコーテッドの皮を張り、アコースティックモードなセットで臨みました。


須藤さん「なんでやねん!」


宮崎さん、リードのチェック中。

今回は河野さんと須藤さんの曲中心のライヴでした。
須藤さん以外全員アコースティックww
河野さんさんの全編ピアノは新鮮でした。

宮崎さんとは初の共演。
一発目に出た音からものすごく引き込まれてしまうようなプレイで、本当に素晴らしかったです!

須藤さんは、いままで共演させて頂いたのが爆音なステージが多かったのですが、今回のステージで気づいたのは、とにかくアクティブで力強いベースを弾かれているということ。
音は大きくなくても、存在感はバツグンでした。
毎度新しいことを教えていただき、本当に感謝ですね。


音量を出さずに空気を紡ぎ出すステージ、すごく楽しんで演奏できました◎
また、新しい課題がいろいろと見えたので、また頑張って成長したいと思います!



  1. 2012/05/03(木) 22:18:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

今井 義頼

Author:今井 義頼
今井 義頼(いまい よしのり)
1987年11月2日生まれ Drums
首都圏を中心に活動中のドラマー。
現在、YAMAHA Drumsモニター。Zildjian Cymbals アソシエート・エンドーサー。

最新記事

カテゴリ

日記 (336)
未分類 (95)
機材 (3)
告知関係 (7)
宅録プロジェクト (3)
ホームページ (1)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。