ドラマー今井義頼の日記

今井義頼の日々の活動報告、写真などをアップしていきます~。

コーラスについて。

15日は米川英之さんのHYbridでした。

いやいや、米川さんの曲は以前から書いてますが、とにかく曲が素晴らしい。
予習している段階からめちゃくちゃ楽しいのです。

インストものも歌ものもですが、メロとコードのマッチが素晴らしいのです。めちゃくちゃ心と頭に曲が残ります。自分の脳内で曲がひったすらループします。
ライヴが終わってもなかなか消えないので、次の予習に向かえないやらなにやら(うそですスミマセン)


最近は米川さんの歌もの曲でコーラスをやるのが僕の中で勝手に通例化しておりまして。毎度必死で歌詞を聞き取り、パートを聞き取り、練習して本番に臨むのです。


頼まれてもいないのに。

それほどまでに僕が余計なことコーラスをやりたくなってしまうほど素敵な楽曲ばかりだということです。


今回は鍵盤の河野さんと2人でハモることに。河野さんが下のパート、僕が上パート。

ドラマーである僕。なかなか音を出してできる練習の時間も場所も確保できない中で、譜面を見ながら何となくシュミレーション予習することが多いのですが、ドラムはそれで良くても、コーラスパートはやはり慣れていないものでもあるので練習したいもので、しかし家のリビングで譜面見ながら一人で、あまり大声で予習するのも恥ずかしくてできず。。。

そんな僕の練習場所、それは車の中。

音源を爆音で掛けながら、奇声にも似た高い声で一生懸命ハモりパートを大声で練習するわけです。

同乗者は犬のでん次郎のみ


走行中に突然聴こえる妙な高い奇声。
でん次郎もたまにガバっと立ち上がりますw


しかも、走行時の燃費に気を遣う僕は、一人で車に乗る時、エアコンをかけずに、基本窓を開けることで涼しさを保とうとするわけです。

自分のニワトリの首を閉めたような声が窓の外に聴こえているのではないかと、信号で停止している時、怖くて窓の外の人と目を合わせられません。
そん時ばかりは歌うのもちょっと躊躇します。

基本走っている時は、窓が開いていようが構わず歌います。

歩道を歩いている人からしたら、ボンボン聞こえる低音とともに、妙な高い奇声が中から聞こえる車が近づいて通り過ぎていったら、さぞ不気味なことでしょう。

そんな外の目線も気にせず、涙ぐましい努力の上に成り立つこのコーラスパート(ちょっと大げさ)
ライヴの度に緊張しますが今回のHYbridは河野さんが聴こえやすいパートをきっちり押さえてくださっているので、歌いにくいところなどは河野さんの存在感に任せてごまかしつつ(爆)、のびのびとやらして頂きました。

ライヴ全体としては、コーラスの感想含め、会場にいらっしゃったお客様達からはかなり好評のお声を頂き、僕も個人的に反省点は多いものの、非常にいいライブだったと思うし本当に楽しかったです。
コーラスの方も褒めていただけたので、今後も心折れずに、調子に乗って続けていこうなんて考えております。


次回、同じメンバー(米川英之さん、河野啓三さん、石川俊介さん、おいら)で同じ場所(川口SHOCK ON)にて10/14にまたライヴがあります。

是非足をお運びください。お願い致しますm(_ _)m

スポンサーサイト
  1. 2013/09/17(火) 00:58:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ご無沙汰しとります! | ホーム | Dave Wecklクリニック観てきたよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://createdtoworship.blog.fc2.com/tb.php/156-860f1f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

今井 義頼

Author:今井 義頼
今井 義頼(いまい よしのり)
1987年11月2日生まれ Drums
首都圏を中心に活動中のドラマー。
現在、YAMAHA Drumsモニター。Zildjian Cymbals アソシエート・エンドーサー。

最新記事

カテゴリ

日記 (336)
未分類 (95)
機材 (3)
告知関係 (6)
宅録プロジェクト (3)
ホームページ (1)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる